FANDOM


参考記事:Undertale Developers (英語版より翻訳・加筆)

このページではUndertaleの開発に関わった人物について紹介する。ただし、Kickstarterでの後援者は含めていない。True Pacifist Ending Creditsで名前の挙がった順に関係者を紹介する。

Toby Fox 編集

より詳細な記事: Toby Fox
Annoying Dog

Toby FoxはUndertaleの主要な開発者であり、作曲も担当している。Undertale以前では、ウェブ漫画"Homestuck"での貢献や、2009年に発表された「MOTHER2」のROMハックで最もよく知られていた。

ゲーム中ではAnnoying Dogが代理のキャラクターとして登場する。

Temmie Chang 編集

より詳細な記事: Temmie Chang
Tuyoki ks

Temmie ChangはUndertaleの主要な美術アシスタントである。Changが担当したのはコンセプトアートやオープニングでの一連のセピア色の絵画、Asrielの記憶についての一連のセピア色の絵画、ショップのうちの二つと半分、数人のNPC、俯瞰視点でのスプライト、SnowdinTorielの家、Tobyと分担したその他の場所のほとんどのタイルである。[1][2]

ゲーム中ではTemmieが代理のキャラクターとして登場する。

JN Wiedle 編集

JN WiedleはJonesという名義でも知られるフリーランスのカートゥニスト、コミックアーティストであり、ニューヨークのブルックリンを本拠とする。氏の作品であるウェブ漫画"Helvetica"はフォントのHelveticaから名付けられたスケルトンを中心人物としており、SansとPapyrusの兄弟(どちらもフォントが名前の由来)の着想の元となっている。

  • Papyrus(special inspiration)
  • Sans(special inspiration)
  • Undyne(ファッションデザイン)
  • Mettaton(special inspiration)

Magnolia Porter 編集

Magnolia Porterはフリーランスのイラストレーターで、ウェブ漫画"Monster Pulse"で最もよく知られている。アシスタント・モンスター・デザイナーも担当している。

Gigi DG 編集

Gigi DG5月31日生まれ)は以前はPeachifruitという名前で知られていたアーティストで、ウェブ漫画のシリーズ"Cucumber Quest and Lady Of The Shard"とその前のウェブ漫画"Hiimdaisy"の作者である。追加の美術を提供し、Undertaleのテストプレイを行った。

Bob Sparker 編集

"Tales from Electricopolis"のBob SparkerはMettatonのspecial inspirationとしての役割を果たした。

Sarah 編集

SarahもMettatonのspecial inspirationとしての役割を果たした。

Michelle Czajkowski 編集

Michelle Czajkowskiはウェブ漫画"Ava's Demon"の作者であり、ゲストとしてMuffetをデザインした。

Kenju 編集

Kenjuは「エリア3」と「エリア4」のタイルセット・アーティストであり、また、「ハイパー・テスター」でもあった。[3]

Merrigo 編集

Merrigo ks

MerrigoはUndertaleの主要な背景アーティストである。氏がUndertaleのために制作した背景はこちらで閲覧できる。

Drak 編集

Drakは追加の美術とテストプレイを行った。

Clairevoire 編集

Clairevoireは追加の美術とテストプレイを行った。

Easynam 編集

Easynam ks

Easynamはオーバーワールド・アートを担当した。

Guzusuru 編集

Guzu ks

Angela "Guzusuru" ShamHomestuckの"A Lullaby for Gods"と"[S] ACT 7"のアニメーションで最も知られ、アニメーションアシスタントを担当した。[2]

Everdraed 編集

EverdraedPhotoshop Flowey戦の共同デザインを行い、また、Undertaleのリリーストレーラーを制作した。[4]

Flashygoodness 編集

Flashygoodnessはプログラミングの援助を行った。

Leon Arnott 編集

Leon Arnottはプログラミングの援助を行い、また、UndertaleのMac OS X向けの移植を行った。[5]

Mike Reid 編集

Mike ReidはゲストとしてGlydeをデザインした。[6]

References 編集

  1. Temmie Chang's offical tumblr.
  2. 2.0 2.1 UnderTale by Toby Fox — Kickstarter(2015年1月7日閲覧)https://www.kickstarter.com/projects/1002143342/undertale/description
  3. "Also I helped work on the game! Made some environmental graphics and tilesets here and there and even playtested it. It’s good!" - Kenju(2015年9月15日)Tumblr
  4. "I love this game so much, I made the trailer for it! I did so after being super impressed by the demo, and asking Toby if there was some way I could help out." - Everdread(2015年9月15日)Steam
  5. "Additionally, the Undertale demo is now available for Macintosh!!! (Thanks to Leon Arnott for making this happen.)" - Toby Fox(2013年6月23日)Tumblr
  6. "I was given the opportunity (through Kickstarter) to submit a design for the monster in the game and I’m incredibly proud to have it included." - Mike Reid(2015年9月16日)Tumblr

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki