FANDOM


参考記事:Nice_Cream_Guy(Undertale Wikiより翻訳・加筆)






Tell your friends... There's ice cream... Hidden in the depths of a watery cavern...
— ナイスクリーム売り、ウォーターフェルにて

Nice Cream Guy/ナイスクリーム売りナイスクリームを様々な場所で売り歩いている商人である。

プロフィール 編集

外見 編集

ナイスクリーム売りはウサギによく似た獣人型のモンスターで、ライトブルーの毛並みに赤い鼻、頭にぴょこんと跳ねた癖毛を持つ。
黄色い半袖のシャツとサスペンダーのついた赤いズボンという格好をしている。

性格 編集

商人ではあるものの、商才はあまりないらしく、客足が伸びなさそうな場所で店を開いている。
客足のまばらさにもめげず楽観的で、商売のチャンスを探し続けてはいるものの、客がこない原因についてはあまり理解していない。

スノーフルのもりで初めて出会った時は目を閉じ、耳を垂らして落ち込んでいる様子である。しかし主人公が話しかけるとたちまち元気になり、すかさずナイスクリームを売ろうとしてくる。
本人は寒い場所でこそナイスクリームを食べるのにピッタリな場所だと思い込んでいる。

ウォーターフェルではほとんど人通りの無い奥地で店を出しており、ここでも落ち込んでいる様子。
しかし今度はパンチカードのシステムを導入することで起死回生を狙っている。

ホットランドでは、もし主人公がロイヤル・ガードの二人を見逃していた場合、ロイヤル・ガードの二人がナイスクリームを買い占めてしまう。
これに喜びを隠せないスノーフルのもりはこれからの事業展開にワクワクしている様子である。

もしロイヤル・ガードの二人を殺していた場合、ホットランドでのナイスクリームの需要を見込んでいたものの客が来ず、失意のうちに商売をやめることを決意する。
普段の楽観的な態度から一変し、「Life is suffering.(人生はつらい)」という言葉をこぼす。

ストーリー 編集

Neutral Route 編集

主人公はスノーフルのもりのボールゲームがあるエリアでスノーフルのもりと初めて出会うことになる。
ここでのナイスクリームの値段は15G

ウォーターフェルではサンズの望遠鏡のそばの奥の部屋でNice Creamを販売している。
ここでの値段は25Gと値上がりしているが、ナイスクリームを買うたびにパンチカードが貰える。パンチカードが3枚集まるとナイスクリームを1つ無料で貰える。
なお、パンチカードは戦闘中に使った場合にも効果がある。
傘を持ったまま話しかけると15Gまで値下げしてくれる。

ホットランド、METAホテルの手前のエリアでは、人々はGlamburgerStarfaitの方を好むからと、閉店セールとして12Gでナイスクリームを投げ売りしている。
ロイヤル・ガードの二人を見逃していた場合はナイスクリームは売切れてしまっており購入することが出来ないが、その代わりに素晴らしい笑顔を見せてくれる。

True Pacifist Route 編集

ホットランドではロイヤル・ガードの二人を生存させると、主人公がナイスクリームを買うことができなくなるため、このルートではスノーフルのもり、ウォーターフェルでしか購入できないことになる。

エピローグでは、ナイスクリームが人間の間でも受け入れられるよう願っている。
エンディングでは砂浜でナイスクリームを売っている姿が見られる。

Genocide Route 編集

Genocide Routeでは一切登場しないが、ウォーターフェルの壁画の上に書かれたメニューは残されたままである。

トリビア 編集

  • スノーフルのもりはWells Enterprises, Inc.の「Blue Bunny Ice Cream」ブランドから着想を得た可能性がある。
  • ウォーターフェルで店を出している間は、パンチカードのサービスがありパンチカード用の箱があるが、箱に溜まっているパンチカードの数によって箱を見た時のメッセージも変化する。
  • ウォーターフェルでの販売ではパンチカードサービスがあるにも関わらず、4つナイスクリームを手に入れるのにかかる金額がスノーフルのもりよりも多くなっている(ウォーターフェル:25Gで3つ買い1つ無料=75G、スノーフルのもり:15Gで4つ=60G)。