Fandom

Undertale Japan Wiki

New Home

182このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

参考記事:New_Home(英語版より翻訳・加筆)

ネタバレ注意!
この記事には大きなネタバレ要素が含まれています。もしゲームをクリアしていないのなら、この記事を読むことはお勧めできません。

New Homeとは、Asgoreが治めているUndergroundの首都のことである。主人公Barrierに到達する直前にこのエリアを訪れることになる。

外観編集

New Homeは基本的に灰色系統で統一されており、長い廊下を有している。廊下からは大きな建造物群を見ることができる。

ただし、最期の廊下と謁見の間のみ、鮮やかな黄色で統一されている。

 ストーリー 編集

New Homeは最後のMettaton戦の後Coreから入ることになる。ここがAsgoreに会う前に訪れる最後のエリアとなる。

Neutral Route 編集

最後のMettaton戦後にAlphysからの話を聞いた後、主人公はエレベーターに乗ってNew Homeに向かうこととなる。しばらく進むとToriel's Homeによく似たAsgore's Homeがあり、その中を探索しているとモンスターとのエンカウントが始まる。しかしこのモンスター達は主人公のことを人間だと気付いていないため、戦闘には至らない。代わりにモンスター達はAsrielFirst Humanに関する昔話を語り始める。

昔話は、Undergroundに落ちてきたFirst HumanをAsrielが見つけ、TorielとAsgoreがその人間を2人目の子供として迎えたというものである。

ある日First Humanは非常に重い病を患い、死に際に「故郷のGolden Flowersが見たい」という願いを言ったが、モンスター達はBarrierを通り抜ける術を持っていなかったため願いは叶わず、しばらくしてFirst Humanは息絶えてしまった。その後、AsrielはFirst Humanの魂を吸収し、Barrierを通り抜けFirst Humanの遺体を故郷の村へと送りに行ったのだった。

しかし、村の人間たちはAsrielがFirst Humanを殺したのだと思い込み、彼を攻撃した。Asrielは大きな怪我を負いFirst Humanの遺体とともに命からがらUndergroundへ戻ってきた。そしてその怪我が原因で、Asrielはすぐに息絶えてしまった。

AsrielとFirst Humanを同時に失ってしまい心に大きな傷を負ったAsgoreは、Barrierを破壊するためにあることを宣言した。それは地下に落ちてきた人間を殺し、Barrierを壊すために必要な7つの人間のSOULを集めるというものだった。Torielはその計画に反対し、女王の座を捨てAsgoreの元を離れた。そして、地下に落ちてきた人間を守るためにRuinsに住むようになったのだった。

昔話が終わった後、主人公はSansが現れる最後の廊下に行くこととなる。そこでプレイヤーは今まで得たEXPとLOVEに基づいた審判を受けることとなる。この時のSansの反応は、EXP・LOVEがより大きいほど辛辣なものになる(特にPapyrusを殺している場合は)。

その先を進むと謁見の間への道があるが、謁見の間から右側に進むと7人の人間のものだと思われる棺桶が安置されている部屋に到達する。謁見の間はGolden Flowersの花畑があり、その中央にAsgoreの椅子が置かれている。また、その奥にTorielの物と思わしき椅子があることも確認できる。

その後奥のBarrierでAsgoreとの戦闘が始まるが、彼は戦闘が始まるまで主人公に非常に礼儀正しく接する。

True Pacifist Route 編集

True Labでの探索を終えた後、エレベーターが勝手に作動しそのままNew Homeに行くこととなる。New Homeに着いた後はエレベーターが謎のツタにふさがれ使えなくなるので、主人公はそのまま進まざるを得なくなる。

一度リセットを経ていた場合、最後の廊下でSansの審判を受けるが、このルートではLOVEを得ることはないためSansからの賞賛を受けることになる。そして、主人公ならいずれ起こる大きな困難もdeterminationによって乗り越えられるだろうと主人公に語り掛ける。

Asgoreと対峙した時、主人公とAsgoreの戦いを止めるため、モンスターの友達が駆けつけてくるが…

Genocide Route 編集

このルートでは、Asgore's Houseでモンスターの代わりにFloweyとエンカウントすることになる。この時も戦闘には至らず、彼はFloweyとして目覚めた後の生活で考えたこと、感じたことなどを語る。

最後の廊下にはSansが立ちはだかり、Genocide Routeにおける実質最後の戦闘が始まる。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki