Fandom

Undertale Japan Wiki

Hotland

182このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

参考記事:Hotland(英語版UndertaleWikiより翻訳、加筆)

この記事は未翻訳の記事になります。
この記事は英語版を参考にベースのみ作成した記事になります。こちらの記事を参考にあなたの力で記事を完成させてください。
ネタバレ注意!
この記事には大きなネタバレ要素が含まれています。もしゲームをクリアしていないのなら、この記事を読むことはお勧めできません。
不明
Hotland-0.png
データ
タイプ 不明
レベル 不明
ロケーション 不明
居住者 Alphys, Mettaton, Vulkin, Tsunderplane, Pyrope, So Sorry, Royal Guards, Muffet
コンベアの上にレーザー?ゴメンだな。
俺様史上最悪の悪夢って感じだ。
— Papyrus、主人公がHotlandから電話を掛けた時 訳:非公式日本語パッチ

Hotland主人公が4番目に訪れることになる場所である。Waterfallから行くことができ、またエリア内のダンジョンとしてCOREを内包している。施設として、Alphys研究所MTT Resortがある。

特徴 編集

このエリアのパズルについてはHotlandのパズルも参照。

  • Hotlandの入口にはAlphysの住居である研究所がある。ここには真研究所への入口もある。
  • 主人公がHotlandを探索する際、Mettatonが4度に渡りパフォーマンス・ショーを開催する。
  • フロア2RでSansホットドッグを25Gで売っている。
    • Hotlandを突破するか、Papyrusを殺していると現れない。
  • フロア2RにはArt Club Roomもある。So Sorryとの戦闘はここで発生する。
  • フロア1RにはBurnt Panが、フロア2RにはStained Apronが落ちている。また、Bratty and CattyEmpty GunCowboy Hatを売っている。
  • MTT Resortに着く前にMuffetとの戦闘がある。フロア3LでのSpider Bake Saleで何か買っていれば戦闘にはならない。
  • MTT ResortはMettatonブランドのホテルであり、COREの入り口も兼ねている。

ストーリー 編集

Neutral Route 編集

Mttkillrobot.png

Mettatonのクッキングショーに参加している主人公

Undyne戦後、主人公はHotlandへと進む。まず着くのが交差点で、下へ行けばRiver Personとの初遭遇、右は研究所、上はエレベータに続くが、上の道はRoyal Guardsが塞いでいる。

研究所に入った主人公はAlphysと出会う。その少し後に、Mettatonが現れて主人公をクイズショーに出させる。

クイズショーを終えると、Alphysが主人公の携帯電話をキーチェーンやメール、さらに2つのdimensional boxesへのリンクもできるようにアップグレードしてくれる。[1]このアップグレードにより、主人公はジェットパックや爆弾解除、Yellow SOUL Modeの起動が可能になる。

Puzzle-0.png

Hotlandにあるシューティングパズルのうちの1つ

AlphysはHotlandの案内もしてくれる。[2]その後は、先程のRoyal Guardと戦い、パズルを解いて、Muffetと戦って、COREを抜けてMettatonを倒す、と進む。

Hotlandの終盤で、主人公はMTT Resortへとやってくる。そこではSansと談話を楽しむ機会があったり、Bratty and CattyやMTT-Brand Burger Emporiumでの買い物ができたりする。そのままCOREへ向かっても良い。

COREでは、その造りが変わっているためにAlphysが道案内出来なくなる。[3]COREの終端にて、主人公はMettatonと戦い、その後New Homeへ続くエレベータに進んでいく。

True Pacifist Route 編集

Photohsop Floweyを倒し、PapyrusやUndyneと友だちになった後、Undyneが主人公にAlphys宛の手紙を渡す。Alphysはそれを読むと、主人公がその手紙を書いたのだと思い込み、デートに連れ出す。

その後、主人公はPapyrusにAlphysの研究所へ向かったほうが良いと伝えられる。[4]研究所の中には、真実を知りたくばエレベータに乗れ、という旨のメモがAlphysにより残されていた。[5]このエレベータは真研究所へと続いている。

真研究所の終わりに、主人公はNew Homeへのエレベータに乗ることになる。

Genocide Route 編集

Undyne the Undying戦後、主人公はHotlandへと進む。Hotlandの名を映すネオンサインは点灯しておらず、スクロールもしない。

HotlandSignGenocide.png

Genocide RouteでのHotland入り口ネオンサイン

研究所にて、Mettatonと主人公が直面するが、彼は主人公をショーへ参加させようとはせず、話が終わるとその場を去る。Alphysは現れない。

Hotlandのエレベータは最初から全域に対応しており、すぐにMTT Resortへと向かうことが出来る。しかし、フロア2は全て力場によって塞がれている。研究所でのMettatonとの会話より前にエレベータを使用することは出来ない。

力場のため、Stained Apronを入手することはできなくなっている。

Royal Guardsとの戦闘は他ルートよりも早い段階、フロアL1を歩いている最中に起こる。MuffetはAlphysの避難誘導を拒み、他ルートと同様に主人公と戦闘する。[6]

Muffet戦後、主人公はMTT Resortへと進む。この段階でAlphysはBurgerpants以外の全員を避難させている。彼はMettatonにどんな状況でも働くように言われている。[7]

その後に主人公はCOREに入る。パズルは全て動かず、そのままMettatonとの戦闘に進む。彼を倒した後、主人公はNew Homeへのエレベータに乗り込む。

地理 編集

Hotlandは溶岩に囲まれた橙赤色の大地から成る。ここで見られるパズルの多くは、熱気を感じさせ、COREにあるようなテクノロジーを予見させるようなプラットフォームをしている。

フロア 1 編集

最初に主人公がLabに入るときに居る階層であり、River Personに会うこともできる。Labの右側出口から出た先で初めてVulkinTsunderplaneといったモンスターとエンカウントできる。また、今後Hotlandを通して多く登場するスチームやコンベアといったギミックが初めて出てくる場所でもある。

区域 1 編集

ここにはウォータークーラーがあり、一杯の水を手に入れることが出来る。この水を捨てるとウォータークーラーのそばに水たまりができ、水を捨てれば捨てるほど大きくなっていく。水を他の場所に持っていこうとすると容器ごと蒸発してしまう。この部屋に入るのが2度めのとき、Clam Guyが現れるようになる。彼は主人公にそばのウォータークーラーから水を得るためにHotlandに来たことを伝えるが、水を持って彼に話しかけると、気の利くヤツだと思われようとしても無駄だと言い放たれてしまう。

Undyneの追跡の最中にここへ来た場合、彼女はここでWaterfallへの道を塞ぐように倒れる。彼女の頭に水をかけてあげると再び立ち上がってWaterfallへと戻っていく。Undyneに追われているときにはClam Guyは現れない。

区域 2 編集

この区域は交差点となっている。北への道は、はじめはUndyneに封鎖するよう命じられたRoyal Guard達により塞がれており、フロア2Lでの戦闘の後に通れるようになる。南に進むとRiver Personに会うことができ、SnowdinやWaterfallまで運んでもらえる。東にはLabがあり、中央にはSAVEポイントがある。

研究所 編集

最初にここへ入った時には明かりは点いておらず、何を調べても暗くてよく見ることができない。 さらにその先へ進むと、Alphysがバスルームから出てきて明かりをつける。主人公の来訪に気づくと彼女は声を上げて驚き、まだ迎える準備が出来ていないことを嘆く。その後、自分はRuinsを出てから主人公の動きを見ており、初めは主人公を止めようとしたが、主人公に興味を持ち、止める代わりに手助けしようと決めたことを打ち明ける。

彼女はその後、数年前にMettatonというエンターテイメントロボットを造ったことを話す。Mettatonには対人防衛機能を備え付けてあり、主人公が来るのを見てそれを解除しようとしたが、残念なことに失敗し、Mettatonを"血に飢えた"ロボットにしてしまったと説明する。説明が終わると同時にMettatonが主人公に襲いかかり、"Quiz Show"へと誘う。

Mttgamshow.png

戦闘後Mettatonは立ち去る。主人公がLabを後にしようとすると、Alphysが追いかけてきて携帯の番号を渡しに来る。主人公の携帯が古いモデルであることを知った彼女は、テキストを受け取れたり、「次元ボックスA/B」と呼ばれるストレージボックスにアクセスできるように携帯を改良し、バスルームへと戻っていく。ここで、主人公は研究所を探索できるようになる。

研究所の出入口は1階の左端と右端の2箇所にある。左の出入口付近には主人公を映す大きなモニターがあり、調べると「あなただ…?」と表示される。モニターの右には、紙の束やアニメキャラのフィギュア、コンピュータで散らかった机があり、近くの冷蔵庫では即席麺を入手することが出来る。

冷蔵庫の隣にはドッグフードが入った大きなカバンがある。研究所にはエスカレーターが左側(下り)と右側(上り)にある。これを使うことで研究所の2階へ行くことが出来る。2階を通るコンベアに乗ることで簡単に左側のエスカレーターのもとへ行ける。

2階には多くの本棚があり、漫画本やアニメのビデオテープが保存されている。本棚の左には、緑色の物体が詰まりピンク色の粘ついたものが流れ出る機械がある。近くには本や工具の置いてある研究机がある。作業台の上にはアニメキャラのポスターが飾ってあり、その向こうに何着かの汚れた白衣と1着の綺麗なドレスが入った衣装棚がある。その近くに"ベッド"が見られる。

調べると、使っていないときには「非常に描きやすい箱」になると表示される。左端のエレベータのすぐ横には、Mettatonのショーのポスターが壁に貼られている。

区域 3 編集

研究所の右側から出て進んでいく途中、主人公の携帯にUndernetでのAlphysの更新通知が頻繁に来る。そのまま上に進むと、前後に広がる巨大なコンベアが見えてくる。近くのパイプから炎が吹き出しているのも見える。コンベアを渡りきると、溶岩に囲まれた小さな足場が見えてくる。それらの多くには蒸気孔がある。

それらを踏むと、表示されている矢印の方向に向かって蒸気により主人公は大きく飛び上がる。ここでは上方向と下方向に進むことができ、上へ行けば先に進め、下に行けばBurnt Panを手に入れられる。

下に進む場合、途中に矢印が左右に変わり続ける足場がある。その隣にはコンベアのある足場が2つあり、左はBurnt Panの所へ行けるが、右へ行っても何も得られない。Burnt Panを手に入れるには、矢印が左に変わったらすぐに乗らなければならない。

どちらに飛んでも、左右に位置するコンベアで蒸気孔へ戻ることができる。

区域 4 編集

先の蒸気孔の区域から北への道は、進むと右へ曲がっている。角に差し掛かるとAlphysが電話をかけてきて、近くのオレンジや青のレーザーについて説明する。オレンジは動いていれば当たらず、青は動かなければ当たらないと伝えると電話を切る。道には何本ものレーザーがあり、主人公はそれらを避けて進まねばならない。レーザー地帯を抜けて進むと、区域5に辿り着く。

区域 5 編集

ShootPuzzle 1R.png

ここでは、主人公はReactivated Door puzzleに出くわす。先へ進むためには、左と右にあるこれらのパズルを解かねばならない。パズルの場所へ行くためには、四方に向きが変わる蒸気孔を扱わなければならない。この区域に入った時に、Alphysから右のほうが簡単だから先に挑戦したほうが良いことを伝えられる。右の道では2体のモンスターが地面に座っている。

左のモンスターは、携帯でMettatonのショーを見ていたが、ショーに出ていた人間のCGのリアルさが凄いと感想を述べる。右のモンスターは、パズルが動作しているせいで活動に支障が出、仕事ができないと嘆く。パズルのある部屋の中にはDisembodied Fox Headがおり、同僚がパズルを解くことを手伝わないと言い、仕事がしたくないのかと疑問を呈す。パズルを解いた後に話しかけると、彼は驚いて、これが解けるだなんて主人公は「パズルオタク」のようだと言う。

ShootPuzzle 1L.png

左のパズルは青いレーザーによって塞がれているが、すぐにAlphysから電話が掛かり、レーザーの電源を落として通れるようになる。右のパズルと同じようにFuku FireSkateboard Girlの2体のモンスターがドアの外で待っている。Fuku Fireはレーザーが解除されたことで自由に動けるようになったことを喜び、これからどうしようか悩んでから、もう少しその場にいることを決める。Skateboard Girlはレーザーが道を阻んだことに対して、学校をサボる口実が出来たと喜んでいる。

両方のパズルを解くことで北のドアが開き、先へ進めるようになる。ドアの先へ進むとAlphysから再び電話が掛かり、パズルの説明をし始める。既に解き終わったことを伝えると、恥ずかしがってすぐに電話を切ってしまう。

Room 6 and Mettaton's Cooking Show 編集

Floor 2 編集

Room 1 編集

Room 2 編集

Room 3 編集

Mettaton's News Report and Room 4 編集

Floor 3 編集

Room 1 編集

Muffet's Lair and "Undertale, the Musical" 編集

小ネタ 編集

注釈 編集

  1. "見て、あなた向けにアップグレードしたの! メールもできるし、アイテムも出せるし、キーチェーンも… さらに、地下世界で一番人気のSNSにも登録しておいたわ! これで私たちは正式に友達ね! エヘヘ!" - Alphys 訳:非公式日本語パッチ
  2. "私の知識があれば、Hotlandは簡単に抜けられるので! ASGORE王の城にも案内できるし、大丈夫!" - Alphys 訳:非公式日本語パッチ
  3. "俺はCOREで働いてんだ。内部はスワップ可能なパーツで出来てる迷路… つまり思うがままに迷路の構造を変えれるんだよ。" - Hotland NPC 訳:非公式日本語パッチ
  4. "はっきりした理由はないが強く感じるのだ。お前は向かうんだ… そこにな。彼女の、家… 研究所に。なんとなくいい予感がするのだ。それじゃあな。" - Papyrus 訳:非公式日本語パッチ
  5. "これは他でもない私の問題。だけどもう二度と話せなくなってしまうなら… そしてあなたが「すべての真相」を知りたいなら。この手紙の北にあるドアの中に入って下さい。みんなには真相を知る権利があると思うから。" - Alphys's note 訳:非公式日本語パッチ
  6. "私たちに貴方のことを警告してくれた方… とってもオタクっぽい方だったわ。一緒に逃げようって聞かなかったの~~~ アフフ~~~ 彼女ったら私のために抜け道まで作ってくれたのよ~ 私が逃げた後、Hotlandを閉鎖するって言ってたわ~ お馬鹿なオタクちゃんよね~ クモが自分の巣から離れるわけないのに~" - Muffet 訳:非公式日本語パッチ
  7. "避難だって? オレを引きずってこうって言うのか、チビッこ。他のやつらが持ち場を離れたからってなんだ? 客がいないからってなんだ?" - Burgerpants 訳:非公式日本語パッチ

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki