Fandom

Undertale Japan Wiki

Flowey

182このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント1 シェアする

参考記事:Flowey(Undertale Wikiより翻訳・加筆)

ネタバレ注意!
この記事には大きなネタバレ要素が含まれています。もしゲームをクリアしていないのなら、この記事を読むことはお勧めできません。






Flowey(フラウイー)Undertale で最初に出会うキャラクターである。彼は戦闘の流れについて"friendliness pellets -友情の弾- を分け合うこと"を説明してくる(実際は有害な弾丸)。彼は主人公が地下世界の旅を続ける間、主人公へ暴力的な行動をするよう促し続ける。

プロフィール編集

外見編集

Floweyは通常、金色の花びらと緑色の茎をした、感情を持った笑顔の金色の花といった外見をしている。彼は始めは友好的な笑顔をしているが、さまざまな感情に応じて劇的に表情を変化させる。その中には、主要なモンスターの顔や声色を真似ているものもある

性格編集

はじめ、Floweyは親しみやすさと礼儀正しさをもったキャラクターであるかのようなそぶりを見せる。彼は「Howdy!」と言って主人公を迎えたり、自身を「your best friend(キミの最高の友達)」と呼称したり、そしてあるモンスターのように、"gosh"や"golly"のような感嘆詞を付け加える癖がある。その一方で、しばしば主人公を"idiot(バカ)"と呼ぶ。

彼のモットーは"In this world, it's kill or be killed. -弱肉強食-"である。

  • I wonder... What happens when something without a SOUL gains the will to live?

もし、SOULを持たない物体が生きる意志を持ったらどうなるんだろう…? - Entry Number 8 , Alphys, True Lab

ゲームを通して示されるように、Floweyは邪悪で残忍な傾向があり、"殺すか殺されるか"という彼のアドバイスを無視するプレイヤーを批判し続け、世界を滅ぼす欲望を語る。

彼は必要とあらば狡猾で巧妙な計画者にもなり、Neutral Routeにおいては、主人公でさえも操り、可能な限り多くのモンスターのSOULを彼の元へ集めるよう仕向けてしまう。彼は明らかにSAVEをまたいで記憶を保っている(彼も以前はSAVEの能力を持っていた)。彼は狂ったユーモアセンスも持ち合わせており、ボス戦で彼が変化した姿は"Omega Flowey"と呼ばれている。

ストーリー編集

Ruinsの入口編集

Floweyはゲーム開始時に初登場し、いいかげんなチュートリアルをしてくる。彼は主人公に"友情の弾"へ飛び込むようにしきりに促すが、実際それは弾丸であり、その弾に主人公が触れた場合、瀕死になった主人公の前でFloweyは本性を露わにし、隠していた彼のモットー(殺さなければ殺される)を明らかにする。

もし主人公が彼の弾を避け続けると(最大3回)、彼は自身が遊ばれていることに対して偽善的に文句を言ってくるが、しだいに彼の態度は変わっていく。

どちらにおいても、その後Floweyは弾丸で主人公を包囲し、迫らせて来る。しかし、その攻撃はTorielによって妨害される。

Ruinsの出口編集

Ruinsの出口でFloweyは再登場し、その時点までの主人公の行動を評価する。

  • Toriel を生存させた場合、Floweyは主人公を「clever(賢い)」というが、まだ一つの命を救ったにすぎないことを強調しつつ、
    • 主人公が他のモンスターを1体でも倒していた場合、彼はRuins内にいる殺害可能なモンスターの名前を読み上げ、それぞれに家族や愛する相手がいたであろうことを言う。主人公がどの種類の敵をどれだけ倒したかは発言内容に影響しない。
    • 主人公がTorielも含め誰も殺していなかった場合、Floweyは、「もしも主人公がrelentless killer容赦の無い殺し屋に出会ったときには降参するまで何度も殺されることになるだろう」という予想を述べる。(Floweyは主人公が諦めて殺しをするのか、それともゲームを諦めてFloweyに世界を渡すのか興味を持っている。)彼は主人公を殺さず、かわりに以降の地下世界でもがく様子を見ていると述べ、去っていく。
    • 主人公がTorielを過去に一度でも殺し、ゲームをリセットして彼女を生存させていた場合、主人公の行動について「You murderd her. And the you went back, because you regretted it. (お前は彼女を殺した。そして後悔し、後戻りした。)」と指摘する。そして彼にもかつてSAVEとリセットの能力があったことや、主人公が彼の能力を置き換えるまで彼が地下世界の神のようにふるまい遊んでいたことを明らかにする。そして、その後の主人公の行動を見ていると言い、彼は去っていく。
  • Toriel を殺害した場合、
    • その時点で、主人公が1度だけTorielを殺していた場合、Floweyは、自分自身を守れなかったにもかかわらず主人公を守ろうとしていたTorielのことをあざける。
      • 主人公がTorielを殺したあとゲームをロードし、再度Torielを殺していた場合、FloweyはTorielを助けなかった主人公を「disgusting animal(最低な動物)」と呼ぶ。
        • 3度以上Toriel殺害を繰り返すと、Floweyは殺害に物足りていない主人公に驚きつつ、主人公がどこか自分に似ていると言う。(3度目以降は台詞は変化しない)
    • 主人公がTorielを一度生存させた後に殺していた場合は、Floweyは主人公を「utterly repulsive (本当にぞっとするような奴)」と呼ぶ。彼は主人公が過去に彼女を生存させたことを覚えており、主人公が好奇心で彼女を殺したとをからかう。そして彼にもかつてSAVEとリセットの能力があったことや、主人公が彼の能力を置き換えるまで彼が地下世界の神のようにふるまい遊んでいたことを明らかにする。そして、その後の主人公の行動を見ていると言い、彼は去っていく。
  • 主人公がGenocide Routeの条件を満たしていた場合、Floweyは主人公が本当に人間なのか疑う。また、彼は主人公の中に気の合う精神(Chara)が入っていると認める。Floweyは主人公に、強力な力を得て共に世界の全てを破壊するという計画を語る。
  • もし主人公が一度ゲームをクリアしていた場合、Floweyは現れない。

Neutral Route編集

Ruinsを過ぎると、一見してFloweyはその後Asgoreとの戦闘終了まで登場しなくなるように見える。しかしゲーム中のいくつかの場面で主人公が後戻りすると、地面へ潜る途中のFloweyを画面端に一瞬だけ確認することができる。 Asgoreとの戦闘後、主人公の選択にかかわらずFloweyが現れ、Asgoreにとどめを刺して6つの人間のsoulを吸収する。

その後、突然ゲームが終了する。ゲームを再起動すると現れるのは"My World"-ぼくの世界-と名付けられたSAVEファイルであり、ゲーム画面のタイトルバーはUndertaleではなく"Floweytale"に置き換えられている。

SAVEファイルを開いたあとFloweyが現れてほくそ笑み、主人公の愚かな行動の結果Asgoreが死亡し、Floweyが6つの人間のsoulを吸収したと述べる。また彼は7つ目の人間のsoul(主人公のsoul)を吸収すれば彼が"神"になり、モンスターや人間やその他すべてに"この世界の本当の意味(kill or be killed -殺すか殺されるか-)"を教えて回ると話す。

その後、Photoshop Floweyとの戦闘になる。この戦闘はRPG指向のものではなく、完全に弾幕系シューティングゲームのような形相を呈している。戦闘の途中、主人公は6つのソウルのそれぞれに、何とかして助けを求める。すると、soul達がFloweyの防御力を大きく減少させついには0にまで落とし、主人公はPhotoshop Floweyに連続攻撃を行い有効打を与えることができるようになる。しかしFloweyの体力がゼロになると、Floweyは他のスロットからsaveを読み込んで復活しほくそ笑む。その後彼は主人公を何度も殺してはロードを繰り返す。そして最終的に主人公の死をsaveしようとするが、それが達成される前に6つのsoulがPhotoshop Floweyへ反逆し、彼を倒す。

Neutral Routeのエンディング後、Floweyは再登場し、より良いエンディングへ到達するためのアドバイスを主人公へ与える。もし主人公がゲーム中に敵を倒していた場合、"殺すか殺されるか"のモットーが意味をなさないと考え始めたFloweyは、ゲームを最初から再プレイし誰も殺さずクリアすることでそれを証明してほしいと主人公へ頼み、王を殺さないことや主人公へ"ハッピーエンド"を与えるよう約束する。その後ゲームをリセットすると、Floweyはあなたへ皆と仲良くなるよう注意し、"戦闘"のチュートリアルやToriel通過後のタイミングも含め一切姿を現さなくなり、またPhotoshop Floweyとの戦闘も発生しなくなる。

もし主人公がすべての敵を生存させていた場合、ゲーム中のイベント達成状況に応じ、PapyrusUndyne、もしくはAlphysと親密になれるかもしれないことをアドバイスする。その後主人公のSAVEファイルは復活しており、示唆されたフラグを回収しに戻れる状態になっている。

True Pacifist Route編集

Genocide Route編集

戦闘編集

攻撃編集

彼が普通の花の形態のときは、主人公のSOULへ向かって5発の弾を飛ばす攻撃か、円状に展開した大量の弾でSOULを囲む回避不能な攻撃という、2種類の攻撃しか使わない。彼は弾を加速させることが可能だが、最大攻撃力や速度は不明。飛ばされた5発の弾に触れるとHPが1まで減る。

人物関係編集

主な台詞編集

  • Howdy! I'm FLOWEY! FLOWEY the FLOWER!
やあ!僕はお花のFLOWEYだよ!- Floweyの最初の台詞

トリビア編集

  • "UnderBound 2"と呼ばれるUndertaleの初期段階では、Floweyは"Face"というキャラクターの生まれ変わりとして登場する予定だった。"Face"はEarthBound(邦題:マザー2)の未完成のハックゲーム"UnderBound"の主人公である。[1]
  • Mettatonと共に、彼はゲーム中で音声を持っている少数のキャラクターの1人である。Genocide Routeの開始時、彼は"that's a wonderful idea! -なんて良いアイデアだ!-"と叫ぶ。
    • Floweyの笑い声は完全な新規の音声データではなく、プレイステーションのゲーム オレっ!トンバ[2]や、Toby Foxによるサウンドトラック"The Lordling"内で確認することができる。
  • 体験版の終了後、"instructions"フォルダ内にある最初の花の画像からFloweyの顔が消える。それに加え、最後の画像が"A Note From Your Friend - Don't get too cocky. -友人からの警告: いい気になるなよ"という文に入れ替わる。
    • Genocide Routeのようにクリアした場合、"instructions"フォルダの最初の画像はゲーム開始前と同様に残っているが、残りの画像はジェノサイドルート終了時の画面同様な顔のないFloweyの画像に置き換えられる。
  • Genocide Routeの途中でゲームをリセットすると、Floweyに"Really, [名前]? Well, do what you will. I'll be waiting for you -正気か、[名前]? まあ、やりたいようにしろ。僕は待ってる。-"と言われる。さらに、Floweyによる"戦闘"や、Toriel通過後のFloweyとの会話もスキップされる。
    • Genocide Route中断後にニュートラルルートをクリアすると、Floweyは真の勝利を達成する前に中断した主人公を叱るものの、"主人公が破壊する前に一度すべてを見たかった"と解釈する。
  • ニュートラルルートの途中でリセットしたり、Floweyとの最初の出会いの途中でゲームを終了し再起動した場合、Floweyの台詞は少し変わる(彼は自己紹介の必要性に疑問を持ち、主人公が既に彼を知っているということを暗示し、主人公に"正しいマナー"を教えるといってチュートリアルを開始する)。さらに繰り返すと、チュートリアル開始前にFloweyが"Don't you have anything better to do?-ほかにやること無いの?-"と話すようになる。
  • 完全リセットを経る前に、プレイヤーが一度でもPhotoshop Floweyとの戦いに勝っていた場合、再度戦闘することは不可能である。Floweyは6つのソウルがまた反乱するだろうと言い、再度戦闘しようとするとプレイヤーに"他にやることないの?"と聞いてくる。さらに戦おうとした場合、無言で消えていく。
  • あるモンスターが攻撃された際、Floweyがゲーム冒頭でTorielに邪魔されたときと同様のサウンドエフェクトが再生される。
  • 好結果なニュートラルルートの後にリセットした場合、Floweyは主人公に"今回は全員と仲良くなるように"と注意し、去っていく。その後リセットしてもFloweyは現れなくなる。
  • Floweyはゲーム中最も多くの会話中のスプライト(画像)が使用されているキャラクターである。
  • Floweyと出会った後、主人公が特定の部屋で後戻りした場合、彼が地面に潜っていく様子を見ることができる。これはプレイヤーが地下世界を冒険するあいだ彼が跡をつけていることを暗示している。

注釈編集

  1. Toby Fox (4 February 2013). "UnderBound" Retrieved on 9 December 2015.
  2. Let it Haunt Your Nightmares. Oct 28, 2010 Youtube.

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki