FANDOM


Delta Rune編集

Delta rune

Delta Rune(三連星の紋様)とは、Dreemurr王家の象徴であり、王家の家紋である。

一対の翼が球体を挟む形に存在し、その真下に3つの三角模様を、逆三角字に置く形で配置しているもの。一番下の三角形は他の二つが上向きなのに対し、下向きである。

最初にこの紋様を目する事になるのはプロローグのモンスターの首領の服で、本編中では冒頭のTorielのローブの刺繍。

王家関連者としての立ち位置を一種の「記号的な伏線」として残すためであろう。

紋様自体は屡々後々にGerson爺の店などで見受けられるようになるが、エンブレム自体が秘めたる意味が明らかになるのは、Gerson爺と会話ができるようになるストーリー後半。

予言書 編集

There is a prophecy. The Angel... The One Who Has Seen The Surface... 編集

They will return. And the underground will go empty. 編集

───預言が遺されている。

「表を知りし天使が再び舞い降りし時、再び地下より汝らは解き放たれん。地下に残るは無のみである」

                                                            -waterfallの古代の碑文

予言には2つの解釈があり、一つは「天使」が障壁を破壊してモンスターに自由をもたらし、もう一つは「死の天使」で地下のモンスター達を殺戮して回るというものである。

紋章について紐解く 編集

Delta Runeは、文献に記された歴史以前のものを伝える、旧史の情報のひとつとされている。

Gerson爺曰く、「三角形が地下のマモノ達」の象徴であるそうだが、それ以外の事は前述した通り、永い年月と共に失われてしまったのだろう。

ただ、モンスター達は「翼の生えたマルが外界から舞い降りた天使」と信じてやまないらしい。

Gerson爺とのやり取り 編集

Oh yeah... The prophecy.

ああ、すまん。そうじゃった。予言、じゃったな。

Legend has it, an 'angel' who has seen the surface will descend from above and bring us freedom.

これは古くからの言い伝えなのじゃが、「天使様」が外界から現れ、私らを自由へと導いてくださるそうじゃ。

Lately, the people have been taking a bleaker outlook...

だがのう、最近、お先が真っ暗なもんだからのう、皆何かと勘繰りだしての。

Callin' that winged circle the 'Angel of Death'.

ほら、この羽根の生えた球があるじゃろう?これを「死をもたらす天使」だのと蔑ろにしおって。

A harbinger of destruction, waitin' to 'free' us from this mortal realm...

「世界の終わりの前触れ」だの、ワシらをあの世へ「お迎え」に来るんだの、散々じゃ。

In my opinion, when I see that little circle...

じゃが、お主よ、ワシはこの丸っこい奴がのう・・・。

I jus' think it looks neat! Wahaha!

中々イカしてると思えてならんのじゃよ。ほっほっほ!

見られる箇所 編集

・オープニングの魔物の衣装

・Asgoreの歩行グラフィックの衣の装飾、プレートアーマーの模様

・Torielのドット絵のローブ

・Ruinsのゲート

・Mysterydoor

・地底世界の中枢エリアのドア

・王城の回廊のステンドグラス、ドア。因みに玉座の間にはデルタルーンの彫像がある。

・ハッピーエンド、スタッフロールの学校のドア

・ガーソンの店の壁の碑文

・Snowdinのお店の背景の巻物?

・戦闘時のAsrielの衣、最終形態の姿

・Undyne Undying、Mettaton NEOのシルエットが紋章に酷似している。

・近衛兵関連ではLesser Dogのドット絵の盾、Royal guardのドット絵のアーマー

・Froggit、FinalFroggitのドット絵の胸

雑記 編集

・「Delta Rune」は「Undertale」のアナグラムである。

・海外ではゼルダの伝説シリーズの「ハイリアの盾」との類似性を示唆されている。トライフォースと翼の図形によって構成されていることから、らしい。

・ファンの考察に依れば、救済の天使はPルートのMERCYを敢行する主人公、死の天使に関しては恐らくラストボスのモチーフとなったアズラエル、或いはジェノサイドルートに於ける主人公の残虐的な振る舞いの事であると囁かれているが、公式によるアンサーが無い為、信憑性は無い。

参考文献 編集

Undertale wiki(英語版) [1]

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。