Fandom

Undertale Japan Wiki

Asriel Dreemurr

179このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント3 シェアする

参考記事:Asriel_Dreemurr(英語版wikiより翻訳・加筆)

ネタバレ注意!
この記事には大きなネタバレ要素が含まれています。もしゲームをクリアしていないのなら、この記事を読むことはお勧めできません。

Asriel Dreemurrとは、TorielAsgoreの実の息子であり、義理の兄弟にCharaがいる。また、Floweyの本来の姿でもある。True Pacifist Routeの最後のボスとして戦うことになる。






見た目編集

Asrielは長い耳やマズル、牙をもつなど彼の両親に非常によく似た姿をしている。子供の姿の時は、ストライプ柄の長そでシャツを身に着けている。

彼が最初の変身を行うと目の色が反転し、牙は長くなり、頭部には大きな角が出現する。この姿の時は、Delta Runeが描かれたTorielのものに似ているローブを身に着けている。また、Heart Locketに非常によく似たロケットを身に着けていることも伺える。

彼が最期の変身を行うと、彼の身体はDelta Runeを連想させるようなものになる。彼の身体はさらに幾何学的なものになり、角はより長く、牙はより鋭いものとなる。下半身はハートのような形になり、背中からは絶えず色の変わる翼が生えてくる。

性格編集

Asrielは生前、素直で控えめで愛らしい、ジョークの好きな子供だった。しかし、彼がSOULの無いFloweyとなった後は、楽しむ心を失い退屈やいらだちだけが残った。

最期の戦いの後、彼は今までの行いを謝罪しFloweyに戻る時を待つことになったが、その後のFloweyがプレイヤーにゲームをリセットしないでくれと頼んだことから、思いやりは失われていないのではないかと推測できる。

ストーリー 編集

背景 編集

物語が始まる前、Asrielは地下に落ちてきたFirst Humanを見つけた。義理の家族になったその人間とAsrielは親友になったが、ある時人間は病で死んでしまった。First Humanが死ぬ間際に故郷の黄色い花が見たいと願ったため、Asrielは人間の魂を吸収しFirst Humanの遺体をバリアの先にある故郷へと返そうとしたが、村人たちはAsrielが幼い子供を殺したものだと思い込み彼を攻撃した。彼は致命傷を負い、地下に帰ると同時に死んでしまった。そして、彼の灰は庭中に広がっていった。

しばらくして、Alphysが実験の一環として、その庭に彼が死んだ後咲き誇った黄色い花にdeterminationを注入した。その結果、AsrielのSOULを持たない生まれ変わりであるFloweyが誕生した。

Floweyはしばらく愛も楽しさも感じることのできない生活を送っていたが、ある日determinationによって生じたSAVEの力によって死んでも最初の庭に戻ることができることに気づいた。彼は始めはその力を地下のために使おうとしたが、次第に退屈になりモンスター達を殺すことを始めた。その力を使いできることを全てやり終えてしまった後、彼はあらゆることに無関心になってしまった。

全てのルート編集

主人公が地下に落ちた時、主人公のdeterminationがFloweyのそれを上回り、SAVEの力は主人公へと移る。Floweyは「In this world,it's kill or BE killed.」と言い、SOULを奪うため主人公に襲い掛かるがTorielに邪魔をされてしまう。その後、彼はTorielと戦った後に再び姿を現す。

Ruinsを過ぎるとしばらくFloweyは出てこない。ただし、主人公がGarbage Dumpに落ちた時の回想は、AsrielとFirst Humanとの思い出であると考えられる。

True Pacifist Route編集

True Labのエレベーターの電源が回復した後、主人公をFirst Humanだと勘違いしたAsrielからのものだと思われる電話が主人公の電話に掛かってくる。

その後Asgore戦に友達が駆けつけた時Floweyは再び現れ、6つの人間のSOULと全てのモンスターのSOULを吸収し、元の姿であるAsrielに変身する。

戦いの中で、Asrielは世界を破壊するのではなく世界を全てゼロに戻すことが目的だということを主人公に明かす。しばらくした後、彼は真の力を開放して最終形態に変身する。

主人公がLost Soulsに呼びかけた後、Asrielは自分の唯一の理解者であるFirst Humanとずっと一緒にいたいがために戦いを続けているということを告白する。Asrielは泣き始め、彼の本来の姿である子供の姿に戻る。その後彼は主人公がFirst Humanではなく、Friskという名の人間だということに気づく。AsrielはFriskがどれだけモンスター達から愛されているかということを伝え、Friskを傷つけたことを詫びる。そして、地下と地上を分断していた結界を破壊し、モンスター達のSOULを開放した後Friskのもとを去る。

エピローグ編集

Asriel戦後、彼はゲームのスタート地点であったRuinsの花畑に姿を現す。そこで、First Humanが冷酷な人間だったということを告白する。

クレジットが終わりゲームを再起動すると、画面にAsrielがFloweyとして現れる。そしてプレイヤーに『ゲームをリセットしないでほしい』『Friskとモンスター達の幸せを奪わないでほしい』と懇願する。

Genocide Route編集

主人公がTorielを殺した後、Floweyは主人公の行いから主人公がFirst Humanであると推測し、地下の全てを破壊しつくそうと提案する。

主人公がNew Homeに着くとFloweyがエンカウントするようになり、体が花になっていて驚いたこと、思いやる心がなくなってしまったこと、自殺をしたこと、そしてSAVEの力を得たことが聞ける。

Floweyは始めはSAVEの力をモンスター達のために使っていたが、モンスター達の反応が予測可能なものになってしまったことに退屈し、モンスター達を殺すことを始めたということを主人公に告げる。Flowey何が起きるか知りたいから殺した理由は所詮言い訳でしかないとも言い、主人公に同意を求める。そして、「何が起きるかは知りたがるが自らの手はくださずただ見ているだけの者」への言及を行う。

その後Floweyは主人公だけが予測不能であると言い、主人公のdeterminationが自身のそれを上回ったためにSAVEの力が移動したということを打ち明ける。その後、人間の本性とこの世界が「kill or be killed」であるということをモンスター達に証明するために地下を解放しようと提案するが、主人公が自分を殺すことに躊躇の無い人間だということに気づきその場をあとにする。

主人公がAsgoreを殺した後、Floweyは再び現れ自分が役に立つということを証明するためにAsgoreのSOULを破壊する。しかし、最終的には主人公の手で殺されてしまう。

戦闘 編集

人物関係 編集

プレイヤー編集

Asrielは何故かプレイヤーそのものの存在を観測しており、プレイヤーに直接話しかけるような描写も見られる。

Frisk編集

ゲーム開始直後、FloweyはSOULを奪おうとFriskを襲う。また、Neutral Routeの最後ではPhotoshop FloweyとなってFriskを何度も殺そうとする。

True Pacifist RouteではAsrielはFriskのことをFirst Humanだと勘違いしたまま戦いに入るが、最終的にはFriskがFirst Humanではないということに気づく。

Chara編集

上述するFirst Humanのこと。地下に落ちてきたCharaを見つけ、介抱したのはAsrielである。その後、彼らは親友であり兄弟でもあるような関係になる。

True Pacifist Routeでは、AsrielはCharaこそが唯一自分を理解してくれている者だと言うことを告白する。

Genocide Routeでも2人の関係は切っても切れないものであると語るのだが、このルートの最後に主人公に対し恐怖を抱いて逃げ出す。そしてAsgoreにとどめを刺した後に命乞いをするが、願いは虚しく殺されてしまう。

Asgore編集

AsgoreはAsrielの実の父である。また、AsrielがFloweyとして目覚めた時最初に彼の存在に気づいたのもAsgoreである。

AsgoreはFloweyの正体を知っていたはずであるが、Genocide Routeでは彼の正体に気づいていないような振る舞いをしている(恐らくFloweyが行ったSAVEの力の実験によるものだと思われる)。

また、Floweyが使う言葉の一部はAsgoreの口癖であったものであるような描写も見れる。

Toriel編集

TorielはAsrielの実の母である。FloweyはTorielなら自身の感情を取り戻せると思いRuinsに向かったが、何も変わらなかった。

Alphys編集

AsrielがFloweyとして目覚めたのは、Asrielの灰が散らばった庭に咲いたGolden FlowerにAlphysが実験の一環としてdeterminationを注入したからである。

小ネタ 編集

  • Asriel Dreemurrという名前はSerial Murdererのアナグラムである。
    • AsgoreとTorielの名前が合わさったものでもある。
    • イスラム教には、Asrielと同じ読み方をする「Azrael」という天使が存在する。
    • Dreemurrという名前は「Dreamer」という語の読みによく似ている。Asriel戦でACTに表示される「Hope」や「Dream」はここからきている物だと思われる。
  • 名前入力画面でAsrielと入力すると「...」と表示され、名前は使えない。
  • Undyne the Undyingの鎧はAsrielの最終形態に似た形をしている。
  • NapstablookのSOULはAsrielに吸収されていなかった。
  • AsrielとLost Soulsに攻撃をしても必ずミスになりダメージを与えることはできない。
  • Asriel戦までにまったくセーブをしていなかった場合、Lost SoulsをSAVEする前のダイアログは「SAVING over ASRIEL's file seems like the only way to defeat him...(アズリエルを倒すには彼のセーブファイルを上書きする必要があるようだ・・・)」 「But having never SAVED before, you lack the power to do it.(しかし今までセーブを行っていなかったため、あなたはそれをするための力を十分に持っていない。)」というものになる。
  • Asrielが使う技の内「Star Blazing」と「Galacta Blazing」は某ゲームの「PK Starstorm」によく似たエフェクトをしている。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWikia