Fandom

Undertale Japan Wiki

Annoying Dog

182このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

Annoying dogは小さくて白い、笑っている犬で、ゲームの作者、Toby Foxを代弁する犬である。

Annoying Dogはゲーム中に時々出現しては、登場人物(主にPapyrusが多い)の計画を面白い方法で失敗させる。

「Dog Song」はAnnoying Dogを代表する曲である。

出現する場面 編集

セーブデータの不合理な変更及び破壊 編集

"file0"や"undertale.ini"の値を不合理な組み合わせの値に変更すると、ゲームの起動時にAnnoying Dogが画面上に現れる。この画面は二種類ある。

  • 「Dance of Dog」が流れ、画面中央をAnnoying Dogが走る。ゲームを再起動すると曲のピッチが変わる。
  • 「Sigh of Dog」が流れ、画面の真ん中で犬が眠る。

これらの画面はInaccessible Roomに行こうとした時や、Room326(Room_of_Dog)に行った時にも見られる。

「Dogcheck」の値でSAVEと部屋の組み合わせの整合性を確かめ、値が異常であれば、Annoying Dogが現れ、プレイヤーはゲームを進められなくなる。Inaccessible roomsに入るためには、バイナリエディタを用いてDogcheckの値を変更しなくてはいけない。

Papyrusの死に関わる一本橋 編集

Annoying DogはSnowdinの手前のPapyrusの死に関わる一本橋にも出現する。Annoying Dogは縄でしばられ吊り下げられている。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki