FANDOM


参考記事:Sans(Undertale Wikiより翻訳・加筆)

ネタバレ注意!
この記事には大きなネタバレ要素が含まれています。もしゲームをクリアしていないのなら、この記事を読むことはお勧めできません。






Sans(サンズ)Undertaleに登場するキャラクターの一人で、主人公Snowdin Forestに到着した際、最初に出会うキャラクターである。

外見 編集

人間の骨格型のスケルトンである。白地のシャツの上に青いジャケットを羽織り、黒いズボンと薄いピンク色のスリッパを履いている。目は黒地に白い瞳孔を持つが、Sans戦では左目が黄色/シアン色に点滅することがある。

人物 編集

見張りの仕事をしているものの、見張り小屋で居眠りをしていたり、勝手に持ち場を離れて休憩しているなど、あまり熱心ではない様子。

ジョークとSFとケチャップをこよなく好み、主人公やその他の様々な人物にもよく冗談を飛ばしている。気楽で奔放な性格であり、ほとんどの場合においてニヒルな笑みを浮かべながら話す。一人称はオイラ。MTT Resortにて公演している様子が伺えることから、コメディアンとしての実力は確かなのかもしれない。

主人公に対しては、時折真剣な表情で凄みのある台詞を放つこともある。その際、彼の目は瞳孔が消え真っ黒になる。また洞察力が非常に鋭く、主人公の選択によって変化する台詞や行動のパターンは他のどのキャラクターよりも多い。

嫌いなことは約束をすること。それを含めた彼の怠惰な性格は、彼自身がこれまで経験してきたことが原因であるようだ。すなわち、「何かをしようと努力し、運命を変えようとしても、いつの間にか時間が戻り、その努力も無駄に終わる」ということを幾度となく経験しているらしい。

能力・知識 編集

「ショートカット」と称して瞬間移動のような能力を使うことがあり、自分や他者を瞬時に移動させることができる。

PapyrusとSansの家に置かれている量子力学の本、彼の家の隠し部屋に存在する謎の機械などから、Sansは何かしらの科学的な知識を持っている可能性が高い。この成果からか、彼はSAVEというものが何であるかを自身の調査によってある程度把握している。しかしながら、主人公がSAVEを読み込んだり、読み直したりすることについてはまだ明確には分かっていないらしい。

瞬間移動のような能力を考慮すると、彼自身はSAVEの能力を持っているわけでは無いにしろ、SAVEの能力に対する高い抵抗力を持つという可能性は考えられる。優れた洞察力と合わせ、主人公の振る舞いや彼我が置かれている状況等からSAVEの力がもたらされたかどうかを判断している可能性は高い。

SansTrombone.gif
ゲームの流れを著しく寸断するような不正が行われたことも察知することができ、ニュートラルルートで起こりえない状況を作り出してエンディングを迎えた際には、そのことに触れる。

ちなみにゲーム内で一度トロンボーンを演奏する機会があるが、Papyrusはこれについて「鬱陶しい」と話す事から、普段から演奏している事がわかる。

”審判の時”に放つコメントなどから、主人公のEXPも把握できる模様。主人公のEXPに反応する特殊攻撃能力(Karmic Retribution)を持つが、これはGenocide Route時以外は無害になると考えられる。

戦闘においては、Check上のパラメーターこそ非常に低いものの、攻撃を回避する、こちらのHPをKR(Karmic Retrubition)状態にする、SOULにかかる重力を操作するなど、モンスターの中でも卓越した潜在的な戦闘能力をもつ。また、"Gaster Blaster"という山羊かドラゴンの頭蓋のようなものを使いレーザービームを撃つことができる。これはTrue Labにおいて見つかるDetermination抽出機(Gyftrotの頭)やAsrielの頭蓋の形状に酷似している。

ストーリー編集

Neutral Route編集

最初に出会うのは、主人公がRuinsを離れた直後である。Sansは真っ黒のシルエットに身を包み、主人公の後をつけてくる。自己紹介の後、彼は人間捕獲に大変積極的な弟のPapyrusの存在と、彼自身は見張り番であるにもかかわらず捕獲には大して興味がないということを告げる。その後主人公がPapyrusと遭遇する直前、ちょうど近くにあった”都合の良い”形のランプへと彼を誘導し、PapyrusがSansの職務怠慢とパズルの重要性について熱く議論している間、主人公をそこに隠す。彼は道中に何度もPapyrusとともに現れるが、主人公にワードサーチパズルを拾われた際以外はあまり冗談を言わず、パズルについて淡々と述べるだけである。

Snowdinでは基本姿を現さないが、主人公とPapyrusがデートしている最中、突然自室から顔をのぞかせトロンボーンを吹く。ただし、もしPapyrusが殺されていた場合はデートが行われず、”審判の時”までしばらく姿を見せなくなってしまう。

主人公がWaterfallに入ると、見張り番として働いているところに遭遇する。どこかへ行かないかと誘われ、同意すると"近道"を使いGrillby'sへ連れて行ってくれる。Sansは他の客たちに温かく迎えられながら席へ向かい、ハンバーガーかポテトフライを食べないかと聞いてくる。この際に無い髪を櫛でとかしつつ、雑談をし、いくつかのトラブルの後、本題を語りはじめる。周りが暗くなってスポットライトが二人にあたり、彼はPapyrusが花に話しかけられたことがあると語る(Sansは誰かがEcho Flowerでいたずらしていたのだろうと推測するが、実際その"花"はFloweyのことだと思われる)。一連の話が終わった後、Grillbyにバーガー、あるいはポテトの料金をツケにすると告げてその場を去る。

Waterfall内では彼と再び会うことができ、望遠鏡でいたずらを仕掛けられる。

HotlandUndyneから逃げる途中、見張り小屋にて居眠りをしているSansの目の前を横切るが、UndyneがSansに気が付くと動きを止め、彼を叱り始める。

更に進むと、Hotlandでホットドッグを30Gで売っているところに出くわす。持ち物に空きがない状態でホットドッグを買おうとすると無料で主人公の頭に載せてくる。これを繰り返すと29個まで積み上げられるが、30個目で「これ以上は手が届かない」と言ってくる。このホットドッグを頭に載せた状態で左右に大きく動くと、倒れてしまう。また頭にホットドッグを保ったまま別の部屋に移動すると、すべて消えてしまう。

MTT Resortの前にも立っており、レストランで一緒に食事するよう誘ってくる。主人公がSansの誘いに同意した場合、"近道"へ導きエスコートしてくれる(後で"近道"を調べても、ただのレンガの壁になっている)。レストランで彼は、Ruinsの扉の向こう側に自分と同じく冗談好きな女性(Ruinsに閉じこもっていたToriel)がおり、かつて何度も扉越しに会話し心を通わせていたことを明かす。そして彼女と、もし人間が落ちてきてこの扉を通ったらその人間を守ると約束したこと、そしてもしこの約束が無かったら主人公はとっくに死んでいたかもしれないことを語るが、最後はそれを冗談として話を濁す。

もしここまでの冒険で主人公が一度も死んでいない(GAME OVERになっていない)場合、彼はそのことにも言及する。何度か死んでいた場合、「自分はその約束をきちんと守ってきたつもりだが、もしかして主人公は一度でも死んでいるのか」と問いかける。

"審判の時" 編集

最後の廊下を進むと、Sansが行く手を阻む。そこで彼は、EXPとLOVEはそれぞれ’’EXecution Points’’と’’Level Of ViolencE’’の頭文字であることを明かし、それまでに主人公が獲得したEXPに基づき審判を下す。審判の内容は、プレイヤーがそれまでしてきた選択に大きく左右されることになる。

  • もしEXPが初期値(0)だった場合、Sansは普通の口調に戻り、主人公が得たのはLOVEではなくLove(愛)であるとして、その親切心や正しい行動を心掛けてくれたことに大変感謝する。この先、主人公のSOULをAsgoreに受け渡しモンスター達を開放する選択、逆にAsgoreのSOULを自身の脱出のために奪う選択、良くも悪くもモンスター達の運命は主人公の手のうちにあるが、Determinationこそ正しい判断に導いてくれるだろうと言いSansはその場を去る。
    • この話を聞いた直後に前のセーブ地点から再開するか、一度Neutral Routeとしてここを通過し通常リセットを行っていた場合、彼は以前同じ話をしたことを思い出し、秘密の合言葉を教えてくれる。これをあと二回ほど繰り返すと、Sansの部屋のカギを入手できる。
  • EXPをいくらか獲得していた場合、今までの行動を振り返る時間を与えられる。その後普通に話し始め、一番重要なことは自分に正直であるかどうかだと話す。
    • Papyrusを容赦し他のモンスターを殺した場合、この先は主人公次第だと言いその場を去る。
    • 一度この話を聞いたあと前のセーブ地点から再開すると、彼は主人公のLVをもとに審判を下す:
      • 主人公がLV1でEXPが0以外の場合、Sansは主人公がもし誰かを殺した時、自身の反応がどのようなものか知りたかっただけなのではないかと話す。"wow. you're a pretty gross person, huh?"-うわあ。お前って気味悪いな-
      • 主人公がLV2の場合、Sansは主人公がわけも分からずにモンスター達を殺してしまったことはとても悲しいと言うが、直後冗談だと言いこう述べる"who gets to LV 2 on accident? get outta here."-手違いでLV2になるはずがない。ここを出ていくんだ-
      • 主人公がLV3の場合、Sansは主人公にC+の成績を与え、もっと上手くできるだろうと言う。
      • 主人公がLV4以上の場合、Sansは主人公が一部の者を意図的に殺していたこと、またある一部の戦闘は単なる自己防衛だったのではないかと話すが、見ていたわけではないので彼にはわからないと言う。
      • 主人公がLV10以上の場合、Sansは別にこれは主人公が50%良い人間だと示すものではないという(最大LV20の半分であることから)。そしてこの嘆きを残す。"what can I say that will change the mind of a being like you...?"-何を言えばその考えを改めてくれるんだ?-
      • 主人公がLV15以上の場合、Sansは主人公についてかなり非道な人間だと述べるが、まだ悪を極める余地があり、それを貫き通せない半端な奴だと言う。
    • ただし、Papyrusを殺した場合、Sansは主人公が何か特別な力を持っていて、その上で正しい行いをすることが主人公の義務だったのではないかと聞いてくる。
      • これに主人公が「はい」と答えると、「ならばなぜPapyrusを殺したのか」と詰る。
      • これに主人公が「いいえ」と答えると、彼は「恨みはしない」と言いつつも、主人公のことを"dirty brotherkiller"-弟殺しの薄汚い奴-と吐き捨てる。
      • どちらの選択にせよ、彼はPapyrusの死は主人公の責任だと強調して去る。

エンディング 編集

Photoshop Flowey戦後、Sansは電話越しに後日談を聞かせてくれる。話の内容は主人公がゲーム内でとった行動により様々である。

True Pacifist Route編集

True Laboratoryでの研究を知った主人公がAsgoreと戦おうとしたとき、Torielや他のモンスターたちと共にSansも乱入してくる。ここでTorielがSansの声に気付き、お互い初めての対面になる。TorielはPapyrusのことも知っており、SansがPapyrusについてよく話していたと語る。Sansや他のキャラクター達はFloweyに拘束されてもなお主人公を攻撃から守ってくれるが、全員SOULごとFloweyに吸収されてしまう。

Asrielとの戦闘中、SansはLost Soulsの一つとして出現する。Genocide Route以外では、ここがPapyrusと共通するSansの一部攻撃パターンが発生する唯一のシーンである。

戦闘後、他のキャラクター達同様Sansに話しかけることができる。ゲーム冒頭でのTorielとの電話内容によって、ここでのコメントは若干変化する。また、Torielの手が大きすぎてメールを打てないことから、Sansが彼女に代わって主人公にメールを送ってくる。そして主人公の準備が整うと、皆と一緒に地上へ向かう。

人間に挨拶をしようと走り去っていくPapyrusを、Sansは「弟がトラブルに巻き込まれないようにしないといけない」と言い残し、反対方向へ(おそらく"近道"を使いに)歩いていく。

クレジット中、三輪車に乗ったSansが車を運転するPapyrusを追い越す様子が見られる。

Genocide Route編集

SansはRuinsから脱出した主人公がもはや"人間"ではないことを知りながらも、他ルートと同様にあとをつけてきて挨拶をする。だがこの時彼は、「弟のPapyrusのために人間らしく振舞ってくれないか」と頼んでくる。Snowdinまでの道中はPapyrusに付き添って登場するが、橋を渡ったところで弟とは戦わないよう警告し、さもなければ地獄を見る羽目になるだろうと言い残し、最後の廊下まで出てくることはない。

もしPapyrusを容赦しGenocide Routeをあきらめた場合、Waterfallの見張り小屋に現れる。弟を殺さなかったことに敬意を表し、その後はいつも通り所々に出現する。しかし、Snowdinは既に無人状態なためGrillby’sのイベントは無くなる。

このRouteでの最後の廊下で、Sansは、いかなる人でも変わることができるか質問する。そして"do you wanna have a bad time?"-俺と最悪な時間を過ごすつもりか?-と言い、これ以上近寄らないよう警告する。直後、主人公がさらに足を一歩踏み出し、彼は死んでしまったTorielに約束を守れないことを謝り、主人公と戦闘を開始する。

It's a beautiful day outside.

birds are singing, flowers are blooming...

on days like these, kids like you....

S h o u l d   b e   b u r n i n g   i n   h e l l.

(すがすがしい日だよな、外は。鳥は歌い、花は咲き誇る...

そんな日こそ、お前さんの様な餓鬼には――

地獄の業火に焼かれてもらうぜ。)

— Sans戦闘前

短いモノローグの後、Sansはなぜ自分はもっと早くに主人公を阻止しなかったのか、と思いつめた様子で猛攻撃を仕掛けてくる。彼の話がひと段落すると、受け入れてくれれば自分の負担も軽くなるので、戦闘をやめようと申し出る。

もしSansを容赦した場合、このことを無駄にはしないと言われ回避不可能の攻撃で主人公は殺されてしまう。ゲームオーバー画面で、もしも本当に友達でいたいなら二度とここに戻って来ないでほしいと表示される。戻ってきた場合、彼は主人公が引く気がないことを悟ったかのように、あまり気乗りしない態度で戦闘をやめるよう促す。そして主人公が攻撃すると彼は「つまり、友達だったなんてことは万に一つもなかったのか」とこぼし、他の時間軸のSansにこのことは伝えてほしくないと頼んでくる。

もしSansを容赦しなかった場合、彼は「それでも試す価値はあったはずだ」と言い、引き続き戦闘に入る。フレーバー・テキストに"The REAL battle begins."-本当の戦いが始まった-と表示され、彼の攻撃は一層激しさを増す。主人公が執拗に攻撃を試みる中ですべての攻撃を耐えきった直後、Sansは死に物狂いで主人公を殺そうと重力を操作し、SOULを壁に強く叩き付けてくる。毎回HPが1削られるが、これにより残りHPが0になることはない。直後の彼は"special attack"を使用するが、それは文字通りずっと何もしない(一生Sansのターンのままである)というもので、彼の心の表れでもある。戦いを諦めるか、そこに一生閉じ込められることになってしまう。

しかし、最終的にSansは眠ってしまい、その間主人公は自らSOULの障壁を動かし、FIGHTボタンを押せるようになる(他の選択肢はない)。一度目の攻撃は避けられてしまうが、(プレイヤーが意図せず自動的に放たれる)二度目の攻撃は直撃してしまう。そして彼の傷口から出血するような演出が見られるが、これは骨髄液か、もしくは液体状のDeterminationではないかとも推測される。

(一部ケチャップではないかという説もあるが、そのように見られる事実や表記などは一切無い)

Sansはふらふらと立ち上がり、ゆっくりと画面外へ消えてゆく。幻覚を見ているのか、すでに死んでしまったPapyrusに「Grillby’sでなにか注文するか?」と問いかけた後、画面外から彼が消滅する音が聞こえる。この瞬間、主人公のEXPは最大値の99999まで上昇し、LVが19から20へ上がる(通常、Sans戦前のEXPは50000以下である)。

トリビア 編集

  • Sansという名前はフォント名が由来。基本的に、ゲーム内で彼の台詞はComic Sansフォントで表記される。
  • Sansの名前は「三途の川」とも関係がある。仏教の言い伝えにおいて、「三途の川」は現世と死後の世界とを分け、Sansのように、川を渡る者のこれまでの行いを裁く存在である。また、「三途の川」は東方シリーズにおいて繰り返し登場する地名であり、作者Toby Foxは大きなインスピレーションを得たゲーム作品として東方シリーズの名を度々挙げている。
  • Gルートで彼と戦う際、しばらくするとSansは汗をかき始めるが、これはUndyneと同じく、強い"決意"によって溶け出しているのではないか、とも考えられる。
  • SansとUndyneは、楽器を演奏する数少ないメインキャラクターである。それぞれトロンボーンとピアノを演奏する。
  • Stats画面では主人公が殺した人数の中にSansはカウントされず、ゲーム自体においても彼の死そのものが条件になるようなイベントは存在しない。つまりGenocideルートでNew Homeに到達した後に、セーブファイルの位置情報をroom232~234 ("room_castle_finalshoehorn")に改変することで、エンディングを変化させずに実質的にSans戦を回避してしまうことが可能である。
  • 以下の根拠より、Sansは左利きと思われる。
    ・主人公と握手する時、左手を使う。
    ・Grillby'sで食事をする時、ケチャップのボトルを左手で扱う。
    ・Pルートのエンディングで、三輪車を左手で操作する。
    ・バトルにて、重力を左手で操作する。

注釈 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki