FANDOM


参考記事:Sans(Undertale Wikiより翻訳・加筆)

ネタバレ注意!
この記事には大きなネタバレ要素が含まれています。もしゲームをクリアしていないのなら、この記事を読むことはお勧めできません。






Sans(サンズ)アンダーテールに登場するキャラクターの一人で、主人公いせきから出てスノーフルのもりに向かう途中、最初に出会うキャラクターである。

外見 編集

人間の骨格に似た姿をした背の低いスケルトンである。
白地のシャツの上に青いパーカーを羽織り、黒いズボンと薄いピンクのスリッパを履いている。
目は黒地に白い瞳孔を持つが、戦闘時には左目が黄色/シアン色に光ることがある。

性格 編集

人間の見張りの仕事をしているものの、見張り小屋で居眠りをしていたり、勝手に持ち場を離れて休憩しているなど、あまり熱心ではない様子からわかる通り、基本的に何事にもあまりやる気を見せない。

ジョークとケチャップをこよなく好み、主人公やその他の様々な人物にもよく冗談を飛ばしている。気楽で奔放な性格であり、ほとんどの場合においてニヒルな笑みを浮かべながら話す。
一人称は普段はオイラだが、 Gルートなど一部のシーンではオレに変わる(彼本来の一人称はオレであることを示唆する描写もある)。
METAホテルにて公演している様子が伺えることから、コメディアンとしての実力は確かなのかもしれない。

基本的に弟のパピルスとは非常に仲が良いが、パピルスはサンズのギャグについては嫌っている。最愛の弟を失った場合、サンズの態度は他の誰を殺された場合よりも激変する。

主人公に対しては、時折真剣な表情で凄みのある台詞を放つこともある。
その際、彼の目は瞳孔が消え真っ黒になる。
また洞察力が非常に鋭く、主人公の選択によって変化する台詞や行動のパターンは他のどのキャラクターよりも多い。

嫌いなことは約束をすること。
それを含めた彼の怠惰な性格は、彼自身がこれまで経験してきたことが原因であるようだ。
すなわち、「何かをしようと努力し、運命を変えようとしても、いつの間にか時間が戻り、その努力も無駄に終わる」ということを幾度となく経験しているらしい。

能力・知識 編集

「近道」と称して瞬間移動のような能力(shortcuts)を使うことがあり、自分や他者を瞬時に移動させることができる。
これは実際に道が通じている場所ではないことからもわかる。

パピルスとサンズの家に置かれている量子力学の本、彼の家の隠し部屋に存在する謎の機械などから、サンズは何かしらの科学的な知識を持っている可能性が高い。
この成果からか、彼はSAVEというものが何であるかを自身の調査によってある程度把握している。
しかしながら、主人公がSAVEを読み込んだり、読み直したりすることについてはまだ明確には分かっていないらしい。

瞬間移動のような能力を考慮すると、彼自身がSAVEの能力を持っているわけでは無いにしろ、SAVEの能力に対する高い抵抗力を持つという可能性は考えられる。
優れた洞察力と合わせ、主人公の振る舞いや彼我が置かれている状況等からSAVEの力がもたらされたかどうかを判断している可能性は高い。
それら以外にもメタ発言をすることが非常に多い。

SansTrombone
ゲームの流れを著しく寸断するような不正が行われたことも察知することができ、Nルートで起こりえない状況を作り出してエンディングを迎えた際には、そのことに触れる。

ちなみにゲーム内でトロンボーンを演奏する姿を見ることができるが、パピルスはこれについて「鬱陶しい」と話す事から、普段から演奏している事がわかる。
いったいくちびるはどこにあるのだろうか。

”審判の時”に放つコメントなどから、主人公のEXPやloveも把握できる模様。主人公のEXPに反応する特殊攻撃能力(Karmic Retribution)を持つが、これはジェノサイド ルート時以外は無害になると考えられる。

戦闘においては、ぶんせき上のパラメーターこそ非常に低いものの、攻撃を回避する、こちらのHPをKR(Karmic Retrubition)状態にする、タマシイにかかる重力を操作するなど、モンスターの中でも卓越した潜在的な戦闘能力をもつ。
また、弟のパピルスを思わせるホネこうげきや、あおこうげきも使ってくる。
さらに、"ガスター ブラスター"という怪物の頭部に似た武器を使いレーザーを撃つことができる。
これはしんじつのラボにおいて見つかるケツイ抽出機に酷似している。
これらの能力は非常に疲労を伴うものらしく戦闘中のメッセージにもそれが表示される。

初めて出会うのはいせきの扉を出た直後なのだが、その時サンズは真っ黒のシルエットに身を包み、主人公の後をつけてくる。
自己紹介の後、彼は人間を捕まえることに大変積極的な弟のパピルスの存在と、彼自身は見張り番であるにもかかわらず人間を捕まえることには大して興味がないということを告げる。
その後、主人公がパピルスと遭遇する直前、ちょうど近くにあった”都合の良い”形のランプへと主人公を誘導し、パピルスがサンズの職務怠慢とパズルの重要性について熱く議論している間、主人公をそこに隠す。
彼は道中に何度もパピルスとともに現れるが、主人公にモンスターキッズもじさがしパズル(おこさまチャレンジのパズル)を拾われた際以外はあまり冗談を言わず、パズルついて淡々と述べるだけである。

スノーフルでは基本姿を現さないが、主人公とパピルスがデートしている最中、突然自室から顔をのぞかせトロンボーンを吹く。
もしパピルスが殺されていた場合は当然デートも行われない上、”審判の時”まで姿を見せなくなってしまうため、以下の出番もなくなる。

主人公がウォーターフェルに入ると、見張り番として働いているところに遭遇する。どこかへ行かないかと誘われ、同意すると"近道"を使いグリルビーズへ連れて行ってくれる。
サンズは他の客たちに温かく迎えられながら席へ向かい、ハンバーガーかポテトフライを食べないかと聞いてくる。
この際に頭をくしでとかしつつ、雑談をし、いくつかのトラブルの後、本題を語りはじめる。
周りが暗くなってスポットライトが二人にあたり、彼はパピルスが花に話しかけられたことがあると語る(サンズは誰かがエコーフラワーでいたずらしていたのだろうと推測するが、実際その"花"はフラウィのことだと思われる)。一連の話が終わった後、グリルビーにバーガー、あるいはポテトの料金をツケにすると告げてその場を去る。

ウォーターフェル内では彼と再び会うことができ、望遠鏡でいたずらを仕掛けられる。

ホットランドアンダインから逃げる途中、見張り小屋にて居眠りをしている三サンズの目の前を横切ることになるが、アンダインはサンズに気が付くと動きを止め、彼に対し怒りをあらわにする。しかし、アンダインを助けた後に見張り小屋を通ったときサンズの姿はない。

更に進むと、ホットランドでホットドッグを30Gで売っているところに出くわす。持ち物に空きがない状態でホットドッグを買おうとすると無料で主人公の頭に載せてくる。
これを繰り返すと29個まで積み上げられるが、30個目で「これ以上は手が届かない」と言ってくる。
このホットドッグを頭に載せた状態で左右に大きく動くと、ホットドッグが頭から落ちてしまう。
また頭にホットドッグを保ったまま別の部屋に移動すると、すべて消えてしまう。

METAホテルの前では主人公を待っていたらしく、レストランで一緒に食事するよう誘ってくる。
主人公がサンズの誘いに同意した場合、"近道"へ導きエスコートしてくれる(後で"近道"を調べても、そこに道も入り口も何も無い行き止まりである)。
レストランで彼は、いせきの扉の向こう側に自分と同じく冗談好きな女性(いせきに閉じこもっていたトリエル)がおり、かつて何度も扉越しに会話し心を通わせていたことを明かす。
そして彼女と、もし人間が落ちてきてこの扉を通ったらその人間を守ると約束したこと、そしてもしこの約束が無かったら主人公はとっくに死んでいたかもしれないとを語るが、最後はそれを冗談として話を濁す。

もしここまでの冒険で主人公が一度も死んでいない(GAME OVERになっていない)場合、彼はそのことにも言及する。
何度か死んでいた場合、「ほら、たったの一度も死んでない。…何だよ、その顔。オイラ、なんか間違ったこと言ってるか…?」と問いかける。

"審判の時" 編集

ニューホームの最後の回廊を進むと、サンズが行く手を阻む。そこで彼は、EXPとLOVEはそれぞれ’’EXecution Points/エクセキューターポイント’’と’’Level Of ViolencE(レベルオブバイオレンス)’’の頭文字であることを明かし、それまでに主人公が獲得したEXPに基づき審判を下す。
審判の内容は、プレイヤーがそれまでしてきた選択に大きく左右されることになる。

  • もしEXPが初期値だった場合、サンズは普通の口調に戻り、主人公が得たのはLOVEではなくLove(愛)であるとして、その親切心や正しい行動を心掛けてくれたことに大変感謝し、褒め称える。この先、主人公のタマシイをアズゴアに受け渡しモンスター達を開放する選択、逆にアズゴアのタマシイを自身の脱出のために奪う選択、良くも悪くもモンスター達の運命は主人公の手のうちにあるが、ケツイこそ正しい判断に導いてくれるだろうと言いサンズはその場を去る。
    • この話を聞いた直後に前のセーブ地点から再開するか、一度Nルートとしてここを通過し通常リセットを行っていた場合、彼は以前同じ話をしたことを思い出し、秘密の合言葉を教えてくれる。これをあと二回ほど繰り返すと、サンズの部屋のカギを入手できる。(運がいいとその部屋の中で犬に遭遇することが出来る)
  • EXPをいくらか獲得していた場合、今までの行動を振り返る時間を与えられる。その後普通に話し始め、一番重要なことは自分に正直であるかどうかだと話す。
    • パピルスを容赦し他のモンスターを殺した場合、この先は主人公次第だと言いその場を去る。
    • 一度この話を聞いたあと前のセーブ地点から再開すると、彼は主人公のLVをもとに審判を下す。
      • 主人公がLV1でEXPが0以外の場合、サンズは主人公がもし誰かを殺した時、自身の反応がどのようなものか知りたかっただけなのではないかと話す。"wow. you're a pretty gross person, huh?"-うわあ。お前って気味悪いな-(非公式日本語訳)
      • 主人公がLV2の場合、サンズは主人公がわけも分からずにモンスター達を殺してしまったことはとても悲しいと言うが、直後冗談だと言いこう述べる"who gets to LV 2 on accident? get outta here."-手違いでLV2になるはずがない。ここを出ていくんだ-(非公式日本語訳)
      • 主人公がLV3の場合、サンズは主人公にC+の成績を与え、もっと上手くできるだろうと言う。
      • 主人公がLV4以上の場合、サンズは主人公が一部の者を意図的に殺していたこと、またある一部の戦闘は単なる自己防衛だったのではないかと話すが、見ていたわけではないので自分にはわからないと言う。
      • 主人公がLV10以上の場合、サンズは別にこれは主人公が50%良い人間だと示すものではないという(最大LV20の半分であることから)。そしてこの嘆きを残す。"what can I say that will change the mind of a being like you...?"-何を言えばその考えを改めてくれるんだ…?-(非公式日本語訳)
      • 主人公がLV15以上の場合、サンズは主人公についてかなり非道な人間だと述べるが、まだ悪を極める余地があり、それを貫き通せない半端な奴だと言う。
    • ただし、パピルスを殺した場合、サンズは主人公が何か特別な力を持っていて、その上で正しい行いをすることが主人公の義務だったのではないかと聞いてくる。
      • これに主人公が「はい」と答えると、「ならばなぜパピルスを殺したのか」と詰る。
      • これに主人公が「いいえ」と答えると、彼は「恨みはしない」と言いつつも、主人公のことを"dirty brotherkiller"-汚れた兄弟殺し-(非公式日本語訳)と吐き捨てる。
      • どちらの選択にせよ、彼はパピルスの死は主人公の責任だと強調して去る。

エンディング 編集

フォトショップフラウィ戦の後、サンズは電話越しに後日談を聞かせてくれる。話の内容は主人公がゲーム内でとった行動により様々である。

True Pacifist Route編集

しんじつのラボでの研究を知った主人公がアズゴアと戦おうとしたとき、トリエルや他のモンスターたちと共にサンズも乱入してくる。ここでトリエルがサンズの声に気付き、お互い初めての直接の対面になる。
トリエルはパピルスのことも知っており、サンズがパピルスについてよく話していたと語る。
サンズや他のキャラクター達はフラウィに拘束されてもなお主人公を攻撃から守ってくれるが、全員タマシイごとフラウィに吸収されてしまう。

アズリエルとの戦闘中、サンズはLost Souls/まよえるタマシイの一つとして出現する。
Gルート以外では、サンズと戦いになることは無いため、ここがパピルスと共通するサンズの一部攻撃パターンが発生する唯一のシーンである。

戦闘後、他のキャラクター達同様サンズに話しかけることができる。
ゲーム冒頭でのトリエルとの電話内容によって、ここでのコメントは若干変化する。
また、トリエルの手が大きすぎてメールを打てないことから、サンズが彼女に代わって主人公にメールを送ってくる。
そして主人公の準備が整うと、皆と一緒に地上へ向かう。

人間に挨拶をしようと走り去っていくパピルスを、サンズは「だれかが あいつを みはってて やらないとな」と言い残し、反対方向へ(おそらく"近道"を使いに)歩いていく。

エンディング中、三輪車に乗ったサンズが車を運転するパピルスを追い越す様子が見られる。

Genocide Route編集

通常と同じくいせきから脱出した直後に出会うが、サンズはギャグでぴくりとも笑わない主人公を見て、主人公がもはや"人間"ではないことを知りながらも、他ルートと同様にあとをつけてきて挨拶をする。
だがこの時彼は、(パピルスのために)「このままニンゲンの フリ してて もらえると たすかるぜ。」と頼んでくる。
スノーフルまでの道中はパピルスに付き添って登場するが、橋を渡ったところで弟とは戦わないよう警告し、さもなければ地獄を見る羽目になるだろうと言い残し、どこかに消え、最後の廊下まで出てくることはない。

もしパピルスを見逃しGルートをあきらめた場合、ウォーターフェルの見張り小屋に現れる。
弟を殺さなかったことに敬意を表し、その後はいつも通り所々に出現する。
しかし、スノーフルは既に無人状態なためグリルビーズのイベントは無くなる。

このルートでの最後の廊下で、サンズは、いかなる人でも変わることができるか質問する。
そして"do you wanna have a bad time?"-…おまえ サイアクな めに あわされたいか?-と言い、これ以上近寄らないよう警告する。
直後、主人公がさらに足を一歩踏み出し、彼は死んでしまったトリエルに約束を守れないことを謝り、主人公と戦闘を開始する。

It's a beautiful day outside.

birds are singing, flowers are blooming...

on days like these, kids like you....

S h o u l d   b e   b u r n i n g   i n   h e l l.

きょうは ステキな日だ。
はなが さいてる ことりたちも さえずってる
こんな日には おまえみたいな ヤツは...
じごくで もえて しまえばいい)
— サンズ戦闘前

一定以上サンズの攻撃を耐えしのぐと、戦闘中にサンズは主人公に対してまだ正義のココロが残っているはずだと訴えかけてくる。
そして「こんなの もう やめようぜ?」「ぶきを おいてくれよ そしたら... オレの しごとも ラクになる」と戦闘をやめようと提案してくる。
この時のみ、サンズを「にがす」ことができるようになる。

この場面では「こうげき」するか「にがす」という選択をするまで、サンズも攻撃を一旦やめる。

もしサンズを見逃した場合、このことを無駄にはしないと言われ回避不可能の攻撃で主人公は殺されてしまう。
ゲームオーバー画面で、もしも本当に友達でいたいなら二度とここに戻って来ないでほしいと表示される。
戻ってきた場合、彼は主人公が引く気がないことを悟ったかのように、あまり気乗りしない態度で戦闘をやめるよう促す。そして主人公が攻撃すると彼は「つまり、友達だったなんてことは万に一つもなかったのか」(非公式日本語訳)とこぼし、他の時間軸のサンズにこのことは伝えてほしくないと頼んでくる。

もしサンズを見逃さなかった場合、彼は「ま いちおう いってみただけだ そっちが やめるき ないなら しかたない」と言い、引き続き戦闘に入る。
テキストウィンドウに"The REAL battle begins."-ついに ほんとうのバトルが はじまった-と表示され、彼の攻撃は一層激しさを増す(以降、画面の端にホネがちらほら出てくる)。
主人公が執拗に攻撃を試みる中ですべての攻撃を耐えきった直後、サンズは死に物狂いで主人公を殺そうと重力を操作し、タマシイを壁に強く叩き付けてくる。
毎回HPが1削られるが、これにより残りHPが0になることはない。
直後の彼は"スペシャルこうげき"を使用するが、パピルスと同じく非常に長い間ずっとサンズが攻撃しつづけるものというものだが、それを乗り切ったあと「一切何もせず、相手にターンを渡さない」こそがサンズの言う"本当のスペシャル攻撃"であり、彼の心の表れでもある。
戦いを諦めるか、そこに一生閉じ込められることになってしまう。

しかし既にサンズは疲れ果てており、徐々に目を閉じ眠り始めてしまう。この状態になるとサンズの能力はよわまっており、主人公はタマシイで攻撃の枠を押して動かすことで、こうげきボタンを押せるようになる(他の選択肢はない)。
一度目の攻撃は避けられてしまうが、(プレイヤーの操作に関係なく自動的に放たれる)二度目の攻撃は直撃してしまう。そして血を流すような演出が見られる。 (これが血であるのかどうかははっきり表現されていないため、ケチャップではないかというデマもあるが答えは発表されていない)

致命傷を受けた後、サンズはふらふらと立ち上がり、「グリルビーズにでも行くか」と言いながらゆっくりと画面外へ消えてゆく。意識が朦朧としているのか、すでに死んでしまったパピルスに「パピルス おまえも はらへってるか?」と問いかけた後、画面外から彼が消滅する音が聞こえる。
この瞬間、主人公のEXPは最大値の99999まで上昇し、LVが19から20へ上がる(通常、サンズ戦前のEXPは50000以下である)。

公式日本語版では普段は「オイラ」である一人称が、このサンズ戦では「オレ」に変化する。

また、サンズに勝利後、サンズを倒す前のセーブデータに戻り、サンズと再戦しようとすると、サンズのセリフが変わる。(3回目以降は同じセリフである)。

サンズに負けた後に再戦する時も、何度負けたかによってセリフが変化する(セリフの変化は11回目まで続くが、以降は同じになる)。

トリビア 編集

  • Sans/サンズという名前はフォント名が由来。基本的に、英語版のゲームでの彼の台詞はComic Sansフォントで、公式日本語版ではタイプラボのハッピールイカ で表記される。
  • Gルートで彼と戦う際、しばらくするとサンズは汗をかき始めるが、これはアンダインと同じく、強い"ケツイ"によって溶け出しているのではないか、とも考えられる。
    • 能力を使い続けるのは疲れる描写があるため、疲労の表現ともとれる。実際に停戦を申し出る前にサンズが若干疲れ始めたことがわかる。以降に汗をかきだす。
  • サンズとアンダインは、楽器を演奏する数少ないメインキャラクターである。それぞれトロンボーン(サンズ)とピアノ(アンダイン)を演奏する。
  • Stats画面では主人公が殺した人数の中にサンズはカウントされず、ゲーム自体においても彼の死そのものが条件になるようなイベントは存在しない。つまりGeルートでニューホームに到達した後に、セーブファイルの位置情報をroom232~234 ("room_castle_finalshoehorn")に改変することで、エンディングを変化させずに実質的にサンズ戦を回避してしまうことが可能である。
  • 以下の根拠より、サンズは左利きと思われる。
    ・主人公と握手する時、左手を使う。
    ・グリルビーズで食事をする時、ケチャップのボトルを左手で扱う。
    ・Pルートのエンディングで、三輪車を左手で操作する。
    ・バトルにて、重力を左手で操作する。
  • 余談だが、ニコニコ動画等で、サンズ戦のBGMが流れた際にエウデッデwwwアッドゥッドゥーワドゥワwwwというコメントが流れるが、元ネタはUNDERPANTS(アンダーパンツ)という二次創作の作者 Sr Pelo氏がMEGALOVANIAの音楽に乗せて歌った自作と思われる歌詞の空耳から。


注釈 編集